子供の教育費は貯蓄しておくべきか、学資保険に加入しておくべきか?

スポンサードリンク

子供の教育費は貯蓄しておくべきか、学資保険に加入しておくべきか?

学資保険は、子どもの教育費を貯めるためのもので、
月々保険料を支払い、満期がきたら給付金を受け取ることができるというものです。
一般的には返戻率が100%〜110%程度で、
支払った保険料よりも戻ってくる給付金が大きくなりますが、
中には100%を切る元本割れとなる場合もあります。
そうなると、自分で貯蓄をしていった方がよいのではないかと
考える方も多いと思いますが、学資保険に加入した場合のメリットについて説明します。

 

学資保険に加入することのメリット

自分の預貯金でお金を貯めていくことに対して、学資保険に加入することのメリットは、
保険料払込免除特則というものがあり、保険料納付期間中に
保険料を支払う親がもし死亡してしまった場合は、
以後、保険料の支払いが不要になるので、
契約者(親)に万が一のことがあった場合の備えとすることができます。
この点が自分で貯蓄をする場合との大きな違いとなります。
また、契約者貸付制度というものがあり、
解約返戻金の範囲内でお金を借りることができます。
借りたお金は利息をつけて返済する必要がありますが、
銀行などでローンを組むよりも低い利息で借りることができますので、
いざという場合に利用することができます。

 

学資保険には保障もつけることができるが

学資保険には、子どもの手術・入院を保障する医療保障、
死亡の場合に給付金が受けられる死亡保障、
契約者(親)が死亡した場合に死亡保険金が給付されるものという
特約を付帯させることができる商品も多いですが、
これらの特約を付帯させることで、保険料が高くなり、
返戻率が100%を切る元本割れとなることがあります。

 

元本割れになったとしても、このような保障もほしいと考える方も
いらっしゃるかと思いますが、これらの保障がほしいと思う場合は、
それぞれ別途で保険に加入した方がコストパフォーマンスが高いのが
一般的です。
学資保険の本質は貯蓄性ですので、できるだけ返戻率が高い方がよいと思います。

 

自分で預貯金で貯蓄していく場合と比較した学資保険のデメリット

学資保険は基本的には、預貯金で貯めていった場合につく利息と比較しても
高い利回りとなるメリットがあります。
ただし、預貯金途中で解約した場合、解約返戻金がありますが、
それまで支払った保険料の総額よりも少なくなります。
ですので学資保険を利用する際は継続できない場合、
損をしてしまうというデメリットがあります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク