学資保険はいつ加入すべきか?子供が生まれる前から加入できる?

スポンサードリンク

学資保険はいつ加入すべきか?子供が生まれる前から加入できる?

学資保険はいつから加入できる?

学資保険は、子どもがいないと加入できませんが、
子どもが生まれる前の妊娠中の段階から加入できるものが多く
子どもが生まれる140日前から加入できる保険商品が多いようです。

 

学資保険はできるだけ早く加入した方が月々の保険料の負担が小さく、
返戻率も高くなりますので、
できるだけ早めから積み立てておくのがよいと思います。
子どもの年齢の上限が7才、10才となっている保険商品が一般的ですが、
小学校入学後に加入するという場合は少なく、
だいたい2才までに加入する場合が多いようです。

 

学資保険に早めに加入するメリット

学資保険の加入時期は、早ければ月々の保険料が安くなるというメリットもありますが、
出産直後は色々とすることが多く、バタバタしますので、
忙しくなるので、事前にできる手続き的なことは済ませておいた方がよいということもあります。
また、お子さんが生まれてから成長するに伴い、
出費も増えることになりますから、お子さんが生まれる前から、
保険料を支払い始め、できるだけ早いうちに保険料を払い終えてしまうことが理想的です。

 

保険商品によっては、お子さんが10才になるまでに保険料を払い終えてしまう保険商品もあります。
保険料の支払い期間が短いぶん、当然、月々の保険料が高くなりますが、
お子さんにかかる出費が少ない時期のうちに払い終えてしまうメリットがありますし、
早いうちに保険料を払い終えることで、返戻率が高くなるというメリットもあります。
また、学資保険には、契約者貸付制度というものがあり、
解約返戻金の70〜90%の範囲内でお金を借りることができることができますが、
これも保険料の支払い額が多ければ多いほど、借りれる額が多くなりますので、
いざという場合にこの制度を利用できるメリットもあります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク