学資保険とは?加入するメリット、デメリットについて

スポンサードリンク

学資保険とは?加入するメリット、デメリットについて

学資保険とは

学資保険とは、子どもの教育にかかるお金に関する保険で、
月々あるいはまとめて保険料を支払うことで、
満期日に給付金を受けることができるという保険商品です。

 

「保険」といえば、ケガや死亡の際など、いざという場合に大きなお金が給付されるもの
というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
学資保険の場合は、保険料としてお金をコツコツと積み立ててることで、
子どもが大学進学する際などに必要となるまとまったお金が給付されるという
貯蓄型の商品です。

 

返戻率は110%前後が一般的で、支払った保険料よりも多くの給付金を受け取ることができるのが
一般的ですが、子どもの死亡保障、医療保障、親の死亡保障などがついた商品や、
これらを特約としてつけることのできる商品もあり、
このような特約がついた場合は返戻率は低くなります。

 

学資保険のメリット

学資保険のメリットとしては、満期まで解約をしなければ、
支払った額以上の貯蓄ができるという点で、確実に教育費を貯めることができるという点です。
返戻率は110%前後のものが一般的ですので、
ご自身で銀行の預貯金に貯蓄をした場合、現在の利息は
ほとんどないに等しいので、預貯金で貯めるよりも有利です。
保険料払込免除特則というものがあり、保険料納付期間中に
保険料を支払う親がもし死亡してしまった場合は、
以後、保険料の支払いが不要になります。

 

学資保険のデメリット

学資保険のデメリットとしては、途中でお金を引き出すことができないという点です。
解約した場合は解約返戻金を受け取ることができますが、
支払った保険料よりも少なくなるのが一般的です。
また、死亡保障や医療保障などの保障付きの商品の場合、
返戻率は低くなり、100%を割り込んでしまう(元本割れする)こともあります。

 

どのような人が学資保険を利用すべきか?

学資保険には上記のようなメリット、デメリットがありますが、
つまりは、一定期間継続的に保険料を支払えば、その額以上のお金が受け取れ、
一定期間継続できない場合は減ってしまうというものですので、
安定的な収入があるものの、ついつい手元にお金があれば使ってしまうという方や、
余裕のあるお金があっても銀行に預けてゼロに等しい利息の状態を
続けているのがもったいないと感じる方などは学資保険が向いているかと思います。
逆に、ご自身で資産運用をしてお金を上手に貯めて、増やすことができる
という方や、保険料を継続的に支払うことが難しいと感じる方などは
学資保険を利用せずにご自身でお金を管理した方がよいのかなと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク