生命保険の1年定期保険の仕組み、特徴、メリット、デメリット

スポンサードリンク

生命保険の1年定期保険の仕組み、特徴、メリット、デメリット

生命保険の保険商品は、
保障期間だけで考えてもさまざまなものがありますが、
1年定期保険という、保障期間が1年間という短期のものもあります。
契約期間の1年の間に死亡した場合、死亡補償金が支払われるというもので、
基本的には、解約返戻金が無い掛け捨て型の保険となります。
更新型の場合は、契約期間満了のたびに更新し、
その度に支払う保険料は高くなる仕組みになっています。

 

加入する被保険者の年齢によって、保険料は異なり、
年齢が上がれば上がるほど、保険料は高くなりますが、
終身保険などと比較するとかなり割安の保険料で、
死亡の際に受け取れる額も、500万円〜1億5,000万円と、
幅広い範囲から選ぶことができます。
医師の診断による審査や、健康診断を受けなくても
加入することができ、入院保障、がん保障、月給保障特約などを
付けることができるのが一般的です。

 

1年定期保険がおすすめの人としては、
結婚やお子さんの誕生など、ライフステージが変わるときに、
終身保険や、30年などの長期の定期保険など
どれに加入していいか決めかねるけれども、
一応、保険に入っておき、自分に万が一のことがあったときの
遺族のための備えをいておきたいというときに、
とりあえずのつなぎとして加入するという使い方ができます。
契約は更新することもできますので、マイホームの購入や、お子さんの成長、
ご自身の貯蓄が増加あるいは減少したなど、
ライフステージの変化に合わせて、補償額を
増減できますので、保険料と、ご自身、ご家族の状況に合わせて、
柔軟に契約内容を見直すことができます。
また、長期の保険で魅力的なものが見つかったらそちらに
乗り換えるということもできますので、
他に色々考えることやすることもあり、生命保険の重要性を認識しながらも、
まだそれほど吟味できないというときに、

つなぎの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク