定期付終身保険の注意点

スポンサードリンク

定期付終身保険の注意点

定期付終身保険とは、終身保険が主契約で、
定期保険を特約として付けたタイプの生命保険で、
アカウント型の生命保険が登場するまでは主流のタイプで、
現在でも多くの方が加入していますが、
加入しているご自身でも保険の保障内容やシステムをよくわかっていない方も多く、
あとから保険会社とトラブルになることも少なくないので、
保険に加入する際はもちろん、加入後も忘れてしまって、
よくわからないという方はぜひ今一度保険の中身を確認していただければと思います。

 

今回は定期付終身保険の注意すべき点について説明します。
定期付終身保険は30歳〜60歳か65歳あたりまでの期間を定期保険として、
それ以降は終身保険するタイプの保険ですが、
30歳代から還暦あたりまでは収入面で一家の大黒柱の方が
死亡した場合に備えて2,000万円〜3,000万円の死亡補償金とし、
還暦後はお子さんも自立しているので、
死亡補償金の額を下げて葬儀代として数百万円の死亡補償金とし、
保険料を抑える設定としているのが一般的です。

 

30歳あたりで加入した場合、10年後、15年後のタイミングで契約更新となり、
補償額が同額のままですと、月々の保険料は上がっていきますので、
お子さんの成長に合わせて、自分が死亡した場合に今後必要となる養育費などを想定しつつ
保障額を下げて、保険料を抑えると家計もラクになります。

 

定期付終身保険に医療特約を付けている方も多いですが、
医療保障は一生涯保障ではなく、払込期間までということに注意しましょう。
終身保険になってからも医療保障を付けたい場合は、
以降の保険料を一括で支払わなければなりません。
医療費についての保障がほしいのであれば、
生命保険の特約でつけるよりも、医療保険単体の保険に加入した方がよいでしょう。

 

また、注意が必要なのは、保険会社の担当者に、
保険の切り替え(転換)をすすめられる場合がありますが、
担当者にすすめるままに転換を行ったら、
転換後の補償額が大幅に減ってしまったというトラブルもよくありますので、
転換をするめられた場合、転換後の保険料、補償額について、
転換をしない場合とどのような違いがあるのかをよく理解したうえで、
検討するようにしてください。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク