定期付終身保険の仕組み、特徴、メリット、デメリット

スポンサードリンク

定期付終身保険の仕組み、特徴、メリット、デメリット

定期付終身保険とは、終身保険が主契約で、
定期保険を特約として付けたタイプの生命保険です。
終身保険は期間の定めがなく死亡時に保険金が支払われるもので、
保険料は高くなり、
定期保険は、一定期間を定めてその期間中に死亡した場合に、
保険金が支払われるもので、終身保険よりも保険料はかなり安くなりますが、
この2つを組み合わせたのが、定期付終身保険です。
アカウント型の保険が登場するまでは主流の保険商品で、
現在でも多くの方が加入しています。
(近年、アカウント型保険のわかりづらさや、
不評により、保険会社も再び定期付終身保険に力を入れている
ところが多くなってきているようです。)

 

例えば、定期保険で65歳まで死亡した場合に3,000万円、
65歳を超えたら終身保険で500万円というふうに、
分けて設定することで、月々の保険料を抑えて自分に必要な保障を受けることができます。

 

一般的には、お子さんが自立するあたりまで数千万円の保障とし、
お子さんが自立してからは大きな保障は不要と考えて、
保険料を抑えて数百万円の保障額に抑えるといった設定の仕方が多くなっています。
多くの方は終身保険の部分は葬儀代が出せるぐらいを目安に
設定しているようです。

 

定期保険と終身保険を組み合わせたこのタイプは、
保険料を抑えて必要な保障を得ることができるので、
しっかりライフプランを立てて利用すればとても役立つ保険ですが、
加入者が自分の保障内容をよく理解していないままの場合も少なくなく、
あとあと保険会社とトラブルになる例も少なくないようですので、
保険に加入する際はよく営業マンの話を聞いて、
不明な点を解消し、ご自身が望む保障がされるのかどうか
よく確認してから加入していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク