生命保険の保険料の支払いが厳しくなった時の選択肢

スポンサードリンク

生命保険の保険料の支払いが厳しくなった時の選択肢

生命保険に加入していて、収入が減少したり、他の支出が増えたりして、
月々の保険料の支払いが厳しくなってきた場合、
すぐに保険の解約を考えなくても、いくつかの取れる選択肢がありますので、
今回はそれを説明します。

 

保険料の支払いが厳しくなった場合の選択肢は、
主に次のようなものがあります。

 

・中途減額
・払済保険
・延長保険
・自動振替貸付制度
・払込猶予期間

 

中途減額
まず、保険料の支払いが厳しくなった場合は、
中途減額から考えてみるとよいと思います。
中途減額とは、死亡保険金(満期保険金)の金額を減額して、
月々の保険料を減らすというものです。
アカウント型保険の場合であれば、保険料を少なく払ったり、
逆に余裕があるときに多く払ったり、あるいは積み立て金を引き出したり
することができますが、支払った保険料が少ない場合、
特約の保険料に回り、死亡補償金の積み立てに回らず、
死亡補償金の額が非常に小さくなり、驚かれるというケースも
少なからずありますので、ご注意ください。

 

払済保険
払済保険とは、保険料の支払いをストップして、
その時点で受け取れる解約返戻金をもとに、
一定期間の保障に回すというものです。
保険料を全く支払う余裕がないという場合に、
死亡の保障が一定期間継続させることのできる選択肢です。

 

延長保険
延長保険とは、保険料の支払いをストップして、
その時点で受け取れる解約返戻金を元に
今までの保障と同額の定期保険に加入することです。
払済保険は終身保険や養老保険として継続するというものですが、
延長保険では、定期保険として継続することになります。

 

自動振替貸付制度
自動振替貸付制度とは、保険料の支払いが滞った際に、
解約返戻金が保険料以上の額である場合に、
保険会社が自動的に保険料を建て替えてくれるというものです。
立て替えられた保険料には利息が付くことになります。
保険会社が自動で行ってくれる応急処置的なものなので、
この状態を放置するのはよくありませんので、
この間に中途減額や払済保険などの現実的な選択肢を検討する必要があります。

 

払込猶予期間
最後に選択肢というより、払わなかった場合の扱いですが、
保険料の支払いには猶予期間があり、基本的には、支払期限の翌月末までに支払えば保険が継続れるのが一般的です。
支払いが滞ったからと言って、直ちに契約が失効するわけではなく、
もしも失効した場合でも失効後3年以内であれば、
滞納分の保険料を支払って保険を復活させることもできるのが一般的です。
ただし、失効中に死亡してしまった場合、保障されませんので注意が必要です。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク