養老保険の仕組み、特徴、メリット、デメリット

スポンサードリンク

養老保険の仕組み、特徴、メリット、デメリット

生命保険の一種、養老保険は、「生死混合型保険」と呼ばれるもので、
保険期間満了時に、生存していた場合にも
死亡保険金と同額の満期保険金が支給されるという保険商品です。

 

定期保険の場合、保険期間が満了すれば契約が終了し、
保険金が支払われない掛け捨ての保険ですので、
生存していた場合も保険金が受け取れるのであれば、
魅力的なようにも思えますが、生存していた場合に支払われる満期保険金は、
月々の保険料に上乗せされたぶんが支払われるというものですので、
月々の保険料が高くなり、お得なわけではありません。

 

かつてバブル崩壊前までは、予定利率も高く、
人気商品のひとつでしたが、
現在は予定利率も低いのであまり魅力のある商品ではなくなり、
人気もないものとなっています。

 

あえて生命保険で貯蓄型のものを選ばなくても、
資産運用の方法は他にもありますし、
投資的なものでなくても、ご自身の預貯金で積み立てていって、
貯めておけば、まとまった額となります。
月々の保険料で積み立てて、養老保険の「満期保険金」を
受け取るよりも自分の預貯金で積み立てた方が柔軟にお金を使えるので、
いざという時にお金が必要な場合もすぐに対応できます。
ということで、個人的には、養老保険をおすすめできるポイントはあまりないのですが、
「あれば使ってしまう」という方の場合、
手をつけれない、つけにくい状況をあえて作り出して、
貯蓄を作っておきたいという方には向いているかもしれません…。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク