アカウント型生命保険の特徴、注意点、メリット、デメリット

スポンサードリンク

アカウント型生命保険の特徴、注意点、メリット、デメリット

アカウント型終身保険(定期保険特約付利率変動型積立終身保険)とは、
出し入れ自由の積み立て部分(これを「アカウント」といいます)を主契約とし、
死亡保障がセットになった生命保険で、
定期保険や医療保険など様々な保険を特約でつけることもできる
総合保障タイプの保険商品です。

 

2000年頃に登場し、それまで中心だった定期付終身保険に迫る勢いで
加入者を増やし、現在では主流となりつつあり、
アカウント型の商品を主力商品としている保険会社も少なくありません。

 

アカウント型保険の特徴は、支払った保険料が
一旦すべてアカウントに積み立てられ、
そこから特約の保険料を支払うという形になります。
保険料の払込期間が満了した後に終身保険に移行することになり、
保険料払込期間中の死亡保障がありません。

 

保険料はまとめて一時金として多めに払ったり、
逆に少なく払ったりと、支払い額に自由度があり、
また、アカウントから一定の範囲内でお金を引き出すことも可能です。
終身保険の保険金額は、最終的な積立金の残高で決まります。
保険料を調節したり、自由に引き出せることが特徴ですが、
これによって残高が少ないと、肝心の死亡保障が少なくなってしまいますので、
注意が必要です。

 

注意が必要なのは、複雑な構造となっているため、
加入者がよくわからないまま加入し、
(営業マンの説明不足な場合も多い)
支払った保険料のほとんどが特約の支払いに回っていて、
アカウントの積立がまったく貯まっていないため、
死亡保障がほとんど受けられないということもあるようです。

 

アカウント型生命保険に加入する際は、
毎月の保険料から積立に回っている金額について、よく確認し、
どのような保障を受けられるのか、
払込期間満了後に保険金額をいくら受け取れるのかを
よく確認し、納得したうえで加入するようにしましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク