生命保険の定期保険の特徴、メリット、デメリット

スポンサードリンク

生命保険の定期保険の特徴、メリット、デメリット

生命保険の定期保険とは、
一定の期間を定め、その期間内に死亡した場合に
保険金が受け取れるというもので、
期間が満了した場合は、契約が終了し、
返戻金などはなく、そのまま「掛け捨て」となるタイプのものです。
更新型と全期型があり、全期型はそこで契約終了ですが、
多くの場合は、更新型で自動更新となっていて
更新のタイミングで保険料が上がるのが一般的です。
更新時に死亡の際に受け取れる保険金の金額を下げて、
保険料も抑えるという契約にしている方が多いようです。

 

掛け捨て型ということで、敬遠する方もいらっしゃるようですが、
保険料は終身保険と比べてかなり安く抑えられています。
例えば、1000万円の死亡補償金で終身保険の場合、
30歳契約で60歳まで払い込みが続くものでは、
月額20000円ほどの保険料がかかりますが、
定期保険で1000万円の死亡補償金で、
30歳契約で60歳までの契約であれば、
安いものでは月額2,500円程度のものからあります。

 

ですから、30歳前後でお子さんができて、
60歳までの間、万が一のために残された家族のために
死亡補償金を設定し、ご自身が60歳になった頃には、
お子さんも成人し、そこまで大きな死亡補償金は必要ではなくなるのが
一般的ですので、その後は死亡補償金を下げて、
保険料を抑えるか、あるいは保険を終了するということで
コストを抑えて必要じゅうぶんな保障とすることができるのではないでしょうか。

 

また、「掛け捨て」は決してデメリットではなく、
むしろ、返戻金や祝い金などのボーナス付きのものは、
そのぶん保険料に反映されて割増になりますので、
定期保険は、保険料を抑えて、死亡時の大きな保障を得られるので、
コストパフォーマンスのデメメリットは他のプランと比較しても
ないといってよいでしょう。
「祝い金」などに魅力を感じるという方も、
少し冷静に考えて、月々、自分で貯蓄をし、10年単位などで
その貯蓄を使う機会がなければ、自分で自分に
祝い金として自由に使うといったことを行った方が、
手元に残るお金は大きくなるので、どうしても
「掛け捨てがイヤ」という気持ちが出る場合でも
そのようなプランでやりくりしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク