夫婦共働きの場合に多額の死亡保険金は必要か?

スポンサードリンク

夫婦共働きの場合に多額の死亡保険金は必要か?

生命保険は、主に一家の家計の柱である男性の方に
もしものことがあったときの保障として、加入する場合が多いと思います。
子供の人数や年齢に応じて、必要な養育費を想定し、
働いている間は3,000万円〜4,000万円の保障額とし、
お子さんが成人し、退職後は、ご自身の葬儀代として
数百万円を死亡保障金とするという形が多くなっています。

 

近年は女性が結婚、出産後も働き続ける場合も多くなってきています。
夫にもしものことがあっても、妻も継続として仕事をして
収入が見込める場合であれば、
専業主婦の場合よりも、死亡保障金の額を少なめにして、
保険料の額を抑えるという選択肢もできると思います。

 

また、夫婦の収入で合わせて生活が成り立っているという場合、
妻にもしものことがあった場合、夫の方は家事、家計の負担が一気に増加しますので、
妻の方も保険料を抑えた定期保険などに加入し、
万が一の場合に備えておいてもよいでしょう。

 

子供の出産、育児のタイミングで、妻が退職、休職したり、
あるいは子供の成長により、職場に復帰するなど、
ライフステージや収入の状態などに変化がある場合は
その都度、「今もしものことがあったら」ということを想定して、
保険の内容や保障額を切り替えていくことで、
ムダのない保障で、適した保険料を支払っていくようにすることができますので、
生命保険以外に加入している保険もあわせて、
ライフステージが変化するときは保険の見直しを行ってみるとよいと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク