生命保険を解約する際の注意点と自動振替貸付について

スポンサードリンク

生命保険を解約する際の注意点と自動振替貸付について

生命保険に加入していて、他に魅力的な保険商品が見つかった場合、
月々の保険料の支払いが厳しくなった場合など、
現在加入している生命保険が不要となった場合に、
生命保険を解約をする際の注意点について説明します。

 

生命保険を解約する際の注意点
まず、生命保険を解約する際は、保険会社の担当の方や、
コールセンターで解約する旨を伝え、必要書類を送付してもらって
手続きを行うことになりますが、
口頭で伝えた段階ではまだ保険契約は解約とはなっていないことに注意しましょう。
解約に必要な書類を送付してもらったら、必要事項を記入し、
保険証券と共に保険会社に返送し、保険会社にこの書類が届いた時点で保険が解約となります。
保険会社は解約に必要な書類に必要事項が記入されているかを確認し、
解約返戻金や未経過保険料などがある場合は、
指定の口座に入金がされ、解約手続きが完了した旨のハガキが届き、
契約が終了するということになります。

 

なお、月々の保険料の引き落としをストップしたら、
自動的に解約されると思っている方も多いようですが、
原則として保険料の支払いが2カ月遅れたら、保険が失効する場合が一般的です。
また、保険会社にもよりますが、失効してしまっても
3年以内など、一定期間内であれば、
保険料をさかのぼって支払うことで保険を復活できる場合もありますので、
もし、保険料の支払いが厳しくなり、保険を解約されたと思っていても、
復活できる可能性がある場合もあると知っておいていただければと思います。

 

自動振替貸付とは
また、自動振替貸付といって、保険料の払込期限までに支払いがなかった場合に、
解約返戻金が保険料以上の額であることを条件に、
自動的に保険会社が保険料を立て替えて支払ってくれる制度もあります。

 

本来、契約をする本人が希望をして設定するものではありますが、
契約者の意思を必要とせず、設定できる制度ですので、
担当者が勝手にこの制度をつけている場合もあります。
そうなりますと、自分では保険料未払いで、保険を解約したと思っていても、
保険会社から貸付を受けて、保険料の支払いを続けているということになり、
借りているお金には利子がついてそれを返済する必要があるということになります。
ですから、保険料の支払いをストップする際は、じゅうぶんに注意してください。

 

新しい保険の加入するために、現在の保険を解約する場合の注意
新しい保険に加入する場合には、健康告知など、審査がありますので、
その審査が必ずしも通るかわかりませんので、
くれぐれも、申し込み前に現在の解約するようなことはせずに、
必ず新しい保険の契約がスタートしてから、保険の解約をするようにしてください。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク