生命保険の契約転換制度を利用する際の注意点

スポンサードリンク

生命保険の契約転換制度を利用する際の注意点

生命保険の転換(契約転換制度)とは

転換(契約転換制度)とは、現在加入している生命保険を解約し、
返戻される積立部分や積立配当金を頭金にして、
同じ生命保険会社の新しい保険に加入するというものです。
転換価格を主契約のみに充当する方式、転換価格を特約のみに充当する方式、
転換価格を一定の割合で分割し、主契約と特約の各々に充当する方式
があります。

 

転換制度利用時には、健康告知(または診査)が必要で
年齢・保険料率により保険料を計算されます。
転換時の予定利率が適用されますので、
元の予定利率よりも転換時の予定利率が低い場合は、
保険料が上がるということにもなりますので、
転換により、メリットがある場合もありますが、デメリットが大きい場合も
ありますので、転換をするかどうかは慎重に判断する必要があります。

 

生命保険会社には転換制度をすすめる際は書面での説明義務がある

転換制度について、契約者がその仕組みをよく理解していないまま、
営業マンのすすめるままに転換をしてしまい、
後に保障内容などの変更に気付かず、受けられると思っていた保障が受けられなかったという
トラブルが非常に多く発生しています。

 

生命保険会社が転換制度の利用をすすめる場合は、
転換した場合の新旧契約の内容の比較についてや、転換以外の方法について、
次に掲げる事項について書面を用いて説明することが義務付けられています。

(1)転換前と転換後の保険契約に関し、下記の重要事項について対比したもの

 

・基本となる保険金の名称と金額
・個別の特約名と特約保険金額
・保険期間及び保険料払込期間
・保険料(主契約、特約)及びその払込方法
・配当方式

 

(2)転換時の予定利率が元の契約の予定利率よりも下がる場合、保険料が引き上げとなる場合もあることの説明

 

(3)本制度以外に、現在の契約を継続したまま保障の内容を見直す方法がある事実、及びその方法(追加契約、特約の中途付加など)

 

転換制度を利用する際によくチェックすべき重要なポイント

転換をすすめてくる保険会社の営業マンも多いですが、
本当に自分にとってメリットのあることなのかどうか、
よく吟味する必要があります。
保障内容、保障期間、予定利率、保険料の増減、
払込期間の変更などについてよく確認しておく必要があります。

 

基本的には、格安保険料の新しい保険が登場するか、
景気動向が極端によくなるなどといったことがないかぎり、
転換をすることでメリットだけがあるということはありません。
現在の保険料のまま保障が厚くなったり、
あるいは現在の保障内容、保障期間がそのままで
保険料が安くなるということはない、
と考えておいた方がよいでしょう。
保険料が安くなる場合であれば、保障内容や保障期間に変化があるのか
よく保険会社に質問し、納得してから契約をするようにしてください。
また、保険料がそのままでも保障内容や保障期間に変化などを質問し、
転換をすることのメリット、デメリットをよく理解した上で行うようにしてください。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク