生命保険の基本・特約・比例転換方式の違い、特徴

スポンサードリンク

生命保険の基本・特約・比例転換方式の違い、特徴

生命保険には、転換(契約転換制度)というものがあります。
転換は、簡単にいうと、現在の保険を一旦解約して、
積立部分や積立配当金や解約返戻金を新しい保険の頭金に充当して、
新たな保険に切り替えるというイメージです。
転換をすることによって、メリットがある場合もありますが、
あまりメリットが得られない場合もあります。
営業マンのススメに応じて、言われたままにするのではなく、
転換前と転換後の違いについてよく比較し、
納得した上で決断しましょう。

 

転換の方式には、基本転換方式、特約転換方式、比例転換方式と
3種類がありますので、これらについて概要を説明します。

 

基本転換方式
基本転換方式とは、現在の保険の転換価格を、
新しい終身保険のみの一時払保険料として充当する方法です。
終身保険の保険料だけが軽減されます。

 

特約転換方式
特約転換方式とは、現在の保険の転換価格を、
定期保険特約のみの一時払保険料として充当する方法です。
定期保険特約のみの保険料負担が軽減されます。
特約更新時の保険料は軽減されません。

 

比例転換方式
比例転換方式とは、基本転換方式と、特約転換方式の間をとった方法で、
現在の保険の転換価格を、新しい保険の終身保険と定期保険特約の
一時払保険料としてそれぞれ充当し、
それぞれの保険料が軽減されますが、特約更新時の保険料負担が軽減されるのは
終身保険のみとなります。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク