生命保険の延長保険の仕組みと特徴

スポンサードリンク

生命保険の延長保険の仕組みと特徴

現在加入している生命保険の保険料の支払いをストップして保障を続ける方法としては、
「払済保険」と「延長保険」があります。
今回は、延長保険について説明していきます。

 

延長保険は、保険料の支払いをストップし、解約することで得られる解約返戻金を元手に、
それまでの保障額と同額の定期保険を購入するというものです。
払済保険の場合は、保障期間をそのままに、保障額を減額するものでしたが、
延長保険は、補償額をそのままに、保険期間を短縮するものです。

 

延長手続きを行う場合には、再び健康告知が必要となります。
健康状態によっては延長保険に変更できないこともありますので注意が必要です。
特約をつけていた場合、特約はすべて消滅します。

 

解約返戻金が定期保険の購入に必要な金額を下回る場合は、
保険期間が短くなります。
解約返戻金が新たに購入する定期保険の購入に必要な金額を上回る場合は、
契約期間終了時に生存保険金として受け取ることができます。

 

保険会社によっては、延長保険に変更した後2、3年以内など一定期間以内であれば、
元の契約に戻す「復旧」をすることができます。
復旧の際は、再度健康告知が必要となり、
健康状態によっては復旧できないこともあり、
復旧する場合、延長保険で一度減額した積立金の不足額を払い込む必要がありますので、
仕組みとして、復旧が可能な場合でも、
延長保険に切り替える場合は、よく検討してから行うようにした方がよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク