インターネット生命保険のメリット、デメリット

スポンサードリンク

インターネット生命保険のメリット、デメリット

生命保険を扱う保険会社は、店舗を構えて保険募集人を抱える会社がかつては、
一般的でしたが、近年は、店舗や募集人を抱えず、
インターネットで加入者を募るインターネットで生命保険扱う保険会社も
増えてきています。

 

インターネットで加入するタイプの生命保険のメリットは、
人件費や中間マージンをカットしたぶん、
保険料が割安になる場合が多く、加入する方も
営業マンと会う時間調整をしなくても、
24時間、自分の都合のいい時間にパソコンでその日のうちにすぐに加入できるので
融通が効くということがあります。
また、店舗型で販売している保険商品は、
複雑でわかりにくいものが多いですが、
インターネット生命保険は、基本的に扱う商品は、定期保険、医療保険、がん保険で、
シンプルな設計でわかりやすいものが多くなっています。
終身保険や養老保険の加入を希望する場合は、
インターネット保険ではなく、店舗型の保険で加入することになります。

 

わかりやすいという点はメリットともいえますが、シンプルなものから選ぶしかないということで、
自分の生活設計に対応するプランがないという場合もあります。
また、相談できる担当者がいないので、わからない点がある場合など不安要素もありますが、
一般的にコールセンターを設置していますので、
そこで不明な点を質問することもできます。

 

生命保険は、高額な商品ですので、インターネットでの加入に不安を感じる方は、
ファイナンシャルプランナーなど保険のプロなどに相談し、検討した方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク