生命保険の支払い方法を見直して保険料を安くする方法

スポンサードリンク

生命保険の支払い方法を見直して保険料を安くする方法

生命保険で、保険料を安く抑えたい場合、
特約や保障額を下げて保険料を下げるか、
他に魅力的な商品を見つけるかという発想が普通かと思いますが、
現在加入している保険の保障内容をそのままでも、
保険料の支払い方法を変更することにより、
保険料の支払い総額を少なくすることができます。

 

月払いで支払っている方が多いと思いますが、
半年払い、年払いなど一定期間ぶんをまとめて支払うものや、
保険料全額を支払う一時払いというものもあります。
まとめて支払う期間が長ければ長いほど、割引率は高くなります。

 

ボーナスなどでまとまったお金が入ったときに、
このようにまとめて支払ってしまうことで、
保険料の支払い総額を少なくすることができます。
ただし、もしも急にお金が必要となって、
保険を解約して解約返戻金を充てるとした場合に、
解約返戻金が納めた保険料よりも少ないということになりかねませんので、
まとめて支払う場合も、ある程度手元にお金を残した状態で行った方がよいでしょう。

 

保険料を一括で保険会社に支払う方法として
「一時払い」と「全期前納」があります。

 

一時払いは一括で保険料を支払うものですが、
全期前納の場合は、いったん保険会社に預けておいて、
保険会社が時期がきたらその都度保険料として納めていくという方法です。

 

保険料を全期前納で支払う場合、
一時払いよりも支払い総額は多くなりますが、
保険料の支払いは毎年行いますので、
毎年保険料控除を受けることができます。
一時払いの場合、保険料控除という税金の控除を
支払ったその年の一回のみしかできません。
どちらがふさわしいかはフェイナンシャルプランナーや税理士に
相談して決めてみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク