生命保険の保険料を安くするために特約の見直すポイント

スポンサードリンク

生命保険の保険料を安くするために特約の見直すポイント

生命保険の保険料を安くするためのポイントは、
必要な保障額、特約を選ぶことです。

 

まず、死亡補償金の額に応じて保険料に大きく影響しますので、
必要な死亡補償額について定期的に見直してみましょう。
結婚、マイホームの購入、お子さんの誕生、お子さんの成長、
お子さんの成人、就職、ご自身の転職、退職など、
ライフステージが変わるごとに死亡補償金の額が適切か考えてみてください。

 

お子さんがまだ幼いうちは、これからお金がかかりますので、
一家の収入の柱であるあなたに万が一のことがあった場合、
残された奥さま、お子さんの生活費などで、
まとまったお金が必要となることになりますが、
お子さんが成人し、就職をすれば、必要な死亡補償金は、
あなたが死亡した際の葬儀代などの数百万円で抑えるなどというふうに、
定期的に補償額を減らしていくことで、保険料も抑えることができます。
保険料は基本的に年齢を重ねるとどんどん上がっていきますので、
補償額を下げることでバランスを取るようにしましょう。

 

もうひとつ、生命保険の保険料を抑えるためのポイントとしては、
不要な特約がないかの見直しです。
三大疾病保障特約、医療保険特約、がん保険特約、
といった特約を付けられる場合が多いですが、
これらの特約をつけた場合も、主契約の生命保険を解約した場合、
一緒に無くなりますので、もし急にお金が必要になり、
生命保険を解約して解約返戻金を充てようとした際に、
特約部分も無くなってしまうというデメリットがあります。

 

これらの保障がほしいのであれば、それぞれ独立した保険に加入した方が
コストパフォーマンスがよい場合が多いですので、
すでにこれらの特約をつけている場合は、
他の保険商品で魅力的なものはないかを探し、
保険料と保障の比較を行って検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク