生命保険の解約返戻金とは?注意点について

スポンサードリンク

生命保険の解約返戻金とは?注意点について

解約返戻金とは、保険を解約した時に戻ってくるお金のことです。
解約返戻金がある保険とない保険がありますが、
終身保険、養老保険、学資保険などの多くは、解約返戻金があり、
定期保険、医療保険、がん保険などは掛け捨て型で、
解約返戻金はないものが多いです。

 

解約返戻金のある保険商品の場合でも、
返戻率に違いがありますので、注意が必要です。
例えば、生命保険に特約で定期保険や医療保険が付加されている場合は、
その分の保険料が発生しているので、解約返戻金がほとんどないということもあります。

 

解約返戻金は、支払った保険料から、
保険金の支払いや保険会社の運営コストなどを差し引いて求めれらます。
返戻率は保険料の払込期間に応じて変化し、
払込期間が長ければ長いほど上がっていき、
払込満了後も保険金額に向けて徐々に上がっていきます。
払込期間が短い場合は、返戻率が低いので注意が必要です。

 

通常、終身保険は退職後でお子さんも成人した後であれば、
自分が死んだ際の葬儀代や墓石代などのために数百万円程度を準備している場合が多いですが、
急にお金が必要になった場合に、
保険を解約して契約返戻金を使うということもできます。

 

解約返戻金は、保険会社に解約の書類を送ってから、
通常3営業日〜4営業日で口座に振り込まれます。
(土日祝日をはさむ場合は1週間程度かかるともあります。)

 

いざというときも慌てないように、
現在加入している保険を今解約すれば、いくら解約返戻金が出るのか、
数年後に解約したらいくら出るのかということを調べておくとよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク