生命保険を見直すタイミングとポイント

スポンサードリンク

生命保険を見直すタイミングとポイント

生命保険に加入する際に、いろいろな保険商品の比較や、
ご自身の将来を見据えて、必要な保障と支払う保険料を考えながら、
決めたことと思いますが、一度決めたらそれで終わりでなく、
ご自身のライフステージの変化などで見直すことで、
より自分にあった保障にすることができます。

 

今回は生命保険を見直すタイミングについて説明しますが、
見直すタイミングとしては、結婚、マイホームの購入、
転職、収入の増減、お子さんの誕生、お子さんの自立、退職など、
ライフステージが変わるタイミングが見直すべきタイミングとなります。

 

まず、現在ご自身が加入している生命保険のプランを把握してらっしゃるでしょうか?
自分の加入している保険の内容について、
あまりわかっていないという方は意外と多いので、
今一度確認してみてください。
その上で、今現在そして、これからその保障がご自身や
ご家族の状況にマッチしているか検討してみてください。

 

加入当初も、将来を見据えて保険選びをしたことと思いますが、
当時の想定どおりのこともあれば、
想定外の出来事も起こったことと思います。
かつて想定したものと違う状況になった場合は、
それに応じて、保険のプランも変えることで、よりふさわしい保障とすることができます。

 

例えば、生命保険は年齢が上がるにつれて保険料も上がっていきます。
更新のタイミングで保険料が上がることになりますが、
その際に死亡保障額を下げることによって、
保険料の上昇を抑えることができます。
死亡補償金を抑えてもお子さんがある程度成長していれば、
今後必要な養育費も少なくてすむのが一般的です。

 

また、収入が想定していたよりも増えずに、
支出が増えて、保険料の支払いが厳しくなった場合も、
死亡補償金を抑えたり、あるいはプランの変更が必要となる場合もあります。

 

お子さんが成人して、就職し、ご自身が退職するぐらいになれば、
死亡補償金は葬儀代の数百万円程度に抑えて、
保険料を抑えることで月々の負担を減らすことができます。

 

必要な保障は人それぞれで、個々の環境によって異なります。
友人、知人の話を聞いて同じものを選んでも、
必ずしもあなたのライフプランにマッチするとは限りません。
ぜひご自身にマッチしているかよく検討してみていただければと思います。
他の保険商品などでもっとふさわしいものがあるかもしれません。
ご自身で探すのが面倒だったり、ふさわしい商品がわからないという場合は、
FP(ファイナンシャルプランナー)などに相談して考えてみてもよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク