医療保険に加入中に転職した場合、保険会社に連絡は必要か?

スポンサードリンク

医療保険に加入中に転職した場合、保険会社に連絡は必要か?

生命保険、医療保険に加入する際は、職業を告知し、審査を受ける必要があります。
ケガの危険性が高い職業の場合、加入できなかったり、
保険料が高く設定されたり、仕事中のケガは保障の対象外となれるか、
など、なんらかの制限、制約を受ける場合があります。
ケガや命の危険性の高い職務、職業の場合、ケガや死亡の発生率が高くなるため、
そうではない職業の場合よりも高い保険料が設定されるか、
保障の対象を制限することによって、保険の不公平を是正する仕組みとなっています。

 

危険性の高い職業とは、例えば、自動車やオートバイのレーサーやテストドライバー、
スタントマンなどは保険自体に加入できない場合が多く、
プロスポーツ選手、格闘家、高所作業者、地下、水面下での作業者、
林業従事者、重機オペレーター、爆破作業者、
高圧で電気を扱う作業者、産業廃棄物処理者などは保障内容に
なんらかの制限がされる場合が多いです。

 

保険に加入する際に、職業は審査の対象となりますが、
転職した際は、原則として通知の義務がないのが一般的です。
ただし、特約で職業によって異なる就業保障がある場合は、転職を通知する義務があります。
また、損害保険分野の傷害保険においては、加入の際に告知した職業や職務が変わる場合は、
保険会社に対して、通知する義務を負い、これを怠ると、保険金が削減されることもありますのでご注意ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク