歯医者の治療で医療保険の給付金が支給される場合

スポンサードリンク

歯医者の治療で医療保険の給付金が支給される場合

医療保険は、入院給付金、手術給付金が主な保障内容となっていますが、
入院、手術の場合のすべての医療行為が対象になるわけではありません。
医療保険の保険商品や特約によって対象となるものは異なりますが、
大多数の医療保険において、日常生活に支障のない治療は給付金支給の対象外となります。
例えば、イボやホクロの除去などの美容整形手術などは対象外となりますし、かつては、レーシック手術は
保障の対象となることが一般的でしたが、現在は対象外となっているものがほとんどです。

 

虫歯の治療などについては、公的健康保険が適用され、
自己負担額は3割負担となりますが、
医療保険の給付金の支払いについては基本的には対象外となります。

 

ただし、歯の治療、手術においても、医療保険の対象となるものもあります。
歯科医院ではなく病院の口腔外科での治療、手術となる場合が多いのですが、
例えば、日常生活に支障が出るほどに
上顎や下顎が出ている状態で行われる骨の形成の手術や、
インプラント手術の歳の義歯を作る歳の骨の移植、
虫歯や歯周病が原因で起こる顎の骨髄炎の治療、頭蓋骨観血手術などです。

 

歯の治療、手術の場合、医療保険の給付金の支払いの
対象となるかどうかは微妙なものもありますので、
保険会社に事情を説明して、保障の対象となるかどうか、
また、給付金を請求する際に診断書が必要となるかを問い合わせて、確認をしてください。
(医師に診断書を書いてもらう際には費用がかかりますが、
保険会社にもよりますが、少額の給付金請求の場合は、医師の診断書が不要となる場合もあります。)

スポンサードリンク
スポンサードリンク