掛け捨ての医療保険より祝金などボーナス付きがお得か?

スポンサードリンク

掛け捨ての医療保険より祝金などボーナス付きがお得か?

医療保険は、保険料を支払って、入院や手術の際の負担を保障するものですが、
対象となる入院や手術をしなければ当然、給付金が支払われませんので、保険料を支払うだけの
「掛け捨て」の保険では、もったいないと感じる方も多いようです。

 

そのような気持ちを汲んでか、保険商品によっては、
一定期間入院や手術がなく、給付金を受け取らなかった場合に、
健康祝金などのボーナスをもらえるというものもあります。

 

たしかに、健康でいたらキャッシュバックがあるのは嬉しい気持ちになりますが、
当然ながら、保険会社がサービスでこのようなことを行ってくれるわけではなく、
ボーナス分はあらかじめ保険料に上乗せされていて、保険料は割高となっています。
ですから、決して祝い金などのボーナスがあるからといって、お得というわけではありません。
むしろ、割増された保険料を支払い、祝い金を受け取る前に死亡してしまった場合、
お得どころか、ただ単に保険料を多く支払っただけということになります。

 

ですので、ボーナス付きの保険で割増の保険料を支払うぐらいであれば、
ご自身で貯蓄をしていった方がよいでしょう。
万が一の備えにもなりますし、貯蓄にも余裕ができたら自分で「祝い金」とするのもよいでしょう。
また、万が一、死亡しても遺族の方に相続させることができます。

 

ということで、保険料を支払うだけの掛け捨てはイヤだという気持ちも
わかりますが、医療保険はそもそも万が一の備えのためのものですので、
万が一のことがない方がよいですし、「掛け捨て」になってしまった方がむしろラッキーだったと考えて、
月々ご自身で余裕があるぶんを貯蓄していくというのがよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク