往診の場合も医療保険の通院給付金を受け取れる?

スポンサードリンク

往診の場合も医療保険の通院給付金を受け取れる?

医療保険やがん保険には「通院給付金」というものが付いている
保険商品も多くありますが、
いずれの場合も「往診」も給付の対象となるのが一般的です。
ただし、すべての往診が給付対象となるわけではなく、
それぞれの保険商品の定める条件を満たしている必要があります。
また、医師の治療を受けることが前提となりますので、
訪問看護や訪問介護などは保障の対象とはなりません。

 

医療保険の「通院給付金」の場合、入院給付金の対象となる入院をした場合の
入院後の通院に対して支払われるものです。
(保険商品によっては入院前の通院も保障対象となるものもあります。)
給付日数には制限があるのが一般的です。

 

がん保険の通院給付金は、がん治療を目的とする入院を条件とした保険商品や、
入院を条件としない保険商品もありますので、保険商品の内容をよく確認してください。
条件を満たせば、末期がんの患者さんなどが
入院後に在宅療養で医師による往診(訪問診療)を受ける場合も、
通院給付金が受け取れますが、往診は対象外と考えて請求漏れしているケースも
多くあるようですので、ぜひ加入している保険会社に確認していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク