医療保険のリビングニーズ特約とは、デメリットは?

スポンサードリンク

医療保険のリビングニーズ特約とは、デメリットは?

リビングニーズ特約とは、一般的には医師に余命6カ月以内を宣告された場合に、
死亡の際に支払われる保険金を生前に受け取れるというものです。
受取人は被保険者自身となります。
生命保険、医療保険、がん保険などの
死亡保障の保険商品に自動的に付加されている場合が多いです。
(自動的についているので、知らない方も多いようです。)

 

余命を宣告された場合に、あらゆる治療法を使っても
闘病したいと考える方もいますし、
自宅やホスピスで自分の時間を穏やかに使いたいと考える方もいます。
いずれにしましても、生前お金の問題で自分の思う選択肢が
取れないという場合も、生前に死亡保険金を受け取ることによって、
希望を実現できることもありますので、
この特約の存在を知っておいてもよいと思います。

 

余命宣告されたのが本人(被保険者)ではなく、
家族などで本人が知らないという場合や、本人が意識不明の状態の場合でも、
事前に指定されていた指定代理請求人が本人(被保険者)に代わって
保険金を請求することができます。

 

リビングニーズ特約を使って、生前に死亡保険金を全額受け取ると、
死亡保障が主契約の保険商品であれば契約は消滅することになります。
受け取ったのが死亡保険金の一部であれば、契約は消滅せず、
以後も保険料の支払いが必要となります。
医療保険、がん保険などに特約として死亡保障がついている保険商品であれば、
主契約の入院保障、手術保障などは残ることになり、
以後も保険料の支払いが必要となります。

 

このように、リビングニーズ特約を使って、生前に死亡保険金を受け取ると、
以後の保険料の支払いが不要になったり、
減額されたりしますので、本人(被保険者)が余命を知らされることを希望していない場合に、
保険料の引き落としをしている銀行口座の通帳を見て、
本人が異変に気付くということもありますので注意が必要です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク