交通事故によるケガの場合も医療保険の入院給付金を受け取れる?

スポンサードリンク

交通事故によるケガの場合も医療保険の入院給付金を受け取れる?

保険会社各社がさまざまな保険商品を販売していますが、
基本となるのが、入院時に受け取れる「入院給付金」と
手術をしたときに受け取れる「手術給付金」の2つで、
交通事故で負傷して入院した場合も、
入院給付金の支払い対象となります。
また、交通事故によるケガで手術が必要な場合、
保険の対象の手術であれば手術給付金も支給されます。

 

また、交通事故の際は、健康保険を使うことができないと
誤解した認識を持っている方も多く、
また、病院の職員もそのような説明をする方も
いるようですが、交通事故だからといって健康保険が使えないということはなく、
自由診療ではなく、保険診療を受けることができます。
ご自身が加入する健康保険に「第三者行為の傷病届」を提出し、
医療費の三割負担とすることができ、健康保険がいったん7割負担を立て替えて、
加害者に対して請求するという流れになります。

 

このように交通事故で加害者は過失割合に応じて、
被害者の治療費や通院にかかる実費(交通費など)を
賠償する責任があり、加害者(の加入する自動車保険)から、
賠償を受けることができますが、この賠償を受けたとしても、被害者の方がご自身で加入する
医療保険やその他の保険から給付金を受けることができます。

 

つまり、被害者の方は、加害者からの賠償や、自分の加入する各種保険から、
二重どり、三重どりになってもそれらすべてを受け取ることができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク