医療保険は給付金を受け取ったら以後の保険料は上がるか?

スポンサードリンク

医療保険は給付金を受け取ったら以後の保険料は上がるか?

医療保険の保険料は、年齢、性別、保障期間、特約などの保障内容
によって決定します。
保障の対象となる入院や手術をした際に、保険金(給付金)を受け取っても、
その後の保険料が上がることはありません。

 

定期型医療保険の場合も、更新時に年齢が上がっているため
そのぶんの保険料の割増はありますが、
給付金を受け取ったことによって、保険料が高くなるということはありません。

 

自動車保険の場合、事故を起こして保険金を受け取ると、
等級が下がり、以後の保険料が高くなるということがあり、
軽微な事故の場合であれば、保険を使わず自費で支払うという選択をする場合が
よいこともありますが、医療保険の場合は、保険料が高くなるということはありませんし、
むしろ、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)にかかった場合、
以後、保険料を支払わなくてもよいという保険商品もあります。

 

ということで、医療保険の場合、対象の入院、手術で
給付金を受け取った場合、以後の保険料の支払いが不要になることはあっても、
保険料が増額となることはありませんので、
保障の対象の入院や手術をした場合は迷うことなく、
保険金の支払いを請求した方がよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク