医療保険の告知書の注意点、虚偽の記載をした場合はどうなるか

スポンサードリンク

医療保険の告知書の注意点、虚偽の記載をした場合はどうなるか

医療保険に加入する際は、
申込書のほか、告知書、意向確認書などの書類の提出が必要になります。
告知書とは、現在の健康状態と過去の病歴(5年以内の病気や手術を書くのが一般的)
を記載したものです。

 

医師の診断書や健康診断書など、証明するものは基本的には不要で、
ご自身で現在と過去の状況を書くということになります。

 

現在の健康状態や過去の病歴によっては、
保険に加入することができなかったり、保険料が割増になったり、
保障の対象が制限されるなどといった制限を受ける場合もあります。

 

このように現在の健康状態や過去の病歴を書くことによって、
保険内容が不利になってしまうことはありますが、
だからといって、病気を隠したり、嘘をついて記載してはいけません。
あとになって虚偽が発覚した場合は、保険契約を解除されてしまうことになります。
この場合、解約返戻金は返還されますが、
それまでに支払った保険料は払い戻されません。
また、いざというときに給付金の請求をして告知義務違反が発覚し、
給付金を受け取ることができないということもあります。
ですから、自ら自分に不利な内容を記載するのは
気が引けるかもしれませんが、告知書には正直に記入するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク