持病やうつ病などの精神疾患がある場合、医療保険に加入できるか?

スポンサードリンク

持病やうつ病などの精神疾患がある場合、医療保険に加入できるか?

医療保険は、告知書に過去5年から現在までの病歴、ケガ、入院歴、
健康状態を記入し、申告する必要があり、基本的には、現在病気を患っていて、
治療中ということであれば加入できない可能性が高く、
加入できる場合でも、その病気については保障しない「特定部位不担保」
という条件付きの加入か、あるいは保険料が割増になるなど、
なんらかの制約がつくことが一般的です。

 

5年以内の病気には、うつ病、統合失調症、
パニック障害、自律神経失調症、双極性障害など精神疾患も含まれます。

 

最近は、現在治療中や持病があっても、
一定の条件に該当しなければ加入できる引受基準緩和型医療保険
健康状態にかかわらず加入できる無選択型医療保険
といった保険商品もありますが、
当然一般的な医療保険よりは、保険料の高い商品となります。

 

医療保険に加入する際には、
このような自分の健康状態を記入した告知書を提出することになりますが、
自己申告によって、医師の診断書や健康診断書など、
証明するものは特に提出する必要はありません。
ですから、病歴などを書かなければその時点では保険会社には、
その事実はわからないことになりますが、
虚偽の情報は書いた場合は、発覚した際に、
告知義務違反で保険契約を解除され、それまで支払った保険料も戻ってきません。

 

また、給付金を請求した際に虚偽が発覚して、
給付金をもらえなくなるという場合も実際少なくないようです。
過去5年の病歴などですので、うっかり自分でも忘れてしまっている
ということもあるかと思いますが、その場合でも必要な情報を
伝え忘れると、保険が無効なものとなってしまう恐れがありますから、
告知書を記入する際は、虚偽の内容を記入しないことはもちろん、
「あれはたいしたことない病気だったから書かなくてもいいか」
など自分で勝手に判断せず、医者にかかった病気は
すべて記入するようにし、忘れていたり、
書き漏らしていることはないかよく確認をしてから提出するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク