医療保険の特定部位不担保とは?

スポンサードリンク

医療保険の特定部位不担保とは?

医療保険に加入する際は、告知書に
過去5年間から現在までの病歴、入院歴などの
健康状態を記入して提出しますが、その内容が審査の対象となり、
病状、年齢など個々人の状態によって医療保険の加入条件が異なることになります。

 

医療保険の「特定部位不担保」とは、特定の部位に関する保障をしないという意味です。
医療保険は基本的には、現在病気を患っていて、
治療中の方は加入することができませんが、条件をつけて加入を認める場合があり、
その条件のひとつが「特定部位不担保」で、
現在治療中の箇所や再発の恐れがある箇所について、
その病気に関しては給付金の支払いの対象外とするというものです。

 

例えば、手術を行った箇所があり、手術後に医療保険に加入する際に、
加入の条件として、その箇所について今後また手術をすることになった場合、
給付金を受け取ることはできませんという条件をつけるのを特定部位不担保といいます。

 

胃炎や胃潰瘍を患ったことのある方の場合、
今後2年間は胃や十二指腸に関する病気の治療は保障の対象外とする内容や、
帝王切開をした事がある女性に対し、
今後、帝王切開手術の医療費は保障の対象外とするという条件などです。
このような条件をつけて加入するという選択肢もありますが、
最近では、現在や過去の病歴などにかかわらず加入できる無選択型医療保険
一定の条件に該当しなければ加入できる引受基準緩和型医療保険
といった保険商品もあり、当然保険料は一般的なものより、
割高となりますが、ご自身が必要と思う保障内容をよく考え、
特定部位不担保のついた医療保険では、自分の望んだ保障を受けられないのであれば、
無選択型医療保険、引受基準緩和型医療保険といった保険商品も
視野に入れて検討してみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク