医療保険の見直し、乗り換えを考える際のポイント

スポンサードリンク

医療保険の見直し、乗り換えを考える際のポイント

医療保険の見直しを考えるキッカケは、さまざまあると思います。
友人、知人の話を聞いて、もっと魅力的な保険商品を見つけたり、
テレビCMや広告で気になる保険商品が目にとまったり、
現在加入している保険の月々の支払いが厳しいと感じてきた場合や、
あるいは、更新型の保険で更新時期に、他の保険商品について気になる場合など、
キッカケはさまざまだと思いますが、いずれの場合にしても医療保険を
見直す際に気をつけていただきたいポイントについて説明します。

 

まず、前提として医療保険に入る目的を確認してください。
医療保険は、ケガや病気の際の入院、手術費用を備えるものですが、
そもそも加入した保険が営業マンの勧めるものにそのまま加入し、
ご自身が必要な保障とマッチしていない可能性もあります。
どのような場合に備えたいのかを考えて、
現在の保険商品にムダなものはないかを考えてみてください。

 

例えば、長期の入院や高額の医療費が発生した場合に、
自分の貯蓄では支払いが難しいであろう場合に備えたいという場合で、
短期の入院や手術で自分の貯蓄で支払いが可能である範囲の保障は
不要であると考えるのであれば、「入院一日目から」という保障は不要となります。
「入院5日目から」という保障内容にすれば、
そのぶん月々の保険料を安く抑えることができます。

 

たしかに、せっかく保険に入るのだから、短い期間、少額の医療費でも
保障が受けられる方がよいと考えたくなる気持ちもわかりますが、
そのような保障のために月々の保険料が高くなるのであれば、
いっそ短期、少額の医療費であれば貯蓄からと考えて、
長期や高額な医療費の場合のみに備えたプランにした方が、
結果として手元にお金が残ることになるでしょう。
このように、乗り換えを考える前提として、まずは、
ご自身にとって必要な保障について、改めて考えてみてください。
これによって、不要な保障が見つかることもありますし、
逆にこれまでつけていなかった必要な保障が見つかることもあります。

 

その上で、パンフレットやインターネット上のウェブサイトで
複数の保険商品の情報をあつめ、比較検討を行ってみてください。
ご自身の希望によって、保険商品自体の乗り換えが必要な場合もあれば、
現在加入している保険の特約を外したり、あるいは、
追加することで、希望のプランを実現できる場合もあります。

 

魅力的な保険商品が見つかって、
保険を切り替える場合は、必ず、新しい保険の加入が済んでから、
現在の保険の解約手続きを行うようにしてください。
新しい保険に申し込んでも、審査の結果、加入できないということもありますし、
加入できても希望の条件で加入できるとは限りません。
新しい保険が希望の条件でスタートしてから、
不要となった既存の保険を解約するという流れで行ってください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク