入院時にかかる治療費やその他の費用はどれぐらいか

スポンサードリンク

入院時にかかる治療費やその他の費用はどれぐらいか

病気やケガで入院した時にはさまざまな医療費がかかり、
健康保険が適用となる医療費については患者の自己負担は3割ですが、
健康保険が適用外のものについては、患者の自己負担ということになり、
入院時に発生する費用はこの自己負担の費用が色々とあって、
入院費用は高額となることが多く、驚く人も少なくありません。

 

例えば、入院時の健康保険が適用外の費用として大きいのは、
「差額ベッド代(差額室料)」というものです。
「差額ベッド代」というと、特別な部屋を借りた場合の費用というイメージがある
かもしれませんが、実は4人部屋以下の病室であれば、多くの場合差額ベッド代が必要な部屋となり、
実に入院患者の70%が差額ベッド代を請求されているという状況になっています。
その額は部屋にもよりますが、
1日あたり3,000〜8,000円ほどかかり、1日平均6,000円近い額となっています。

 

その他の費用も合わせると、入院時にかかる自己負担費用は、
1万5,000円前後という平均額になります。
ですので、10日の入院で15万円、20日の入院で30万円という
入院費用がかかることになります。

 

また、健康保険が適用外の先進治療をする場合、
自己負担が数百万円の医療費が発生することも珍しくありません。

 

入院中はこのような大きな出費が発生し、
また、家賃やローンなどの支払い、家族の生活費なども
当然発生し続けますから、一家の大黒柱の方が入院となると、
かなりの大事になってしまいます。
給与所得者であれば疾病手当金などである程度の保障を受けることができますが、
自営業者の場合、収入がストップしてこれらの費用が発生するので、
じゅうぶんな貯蓄でカバーできればよいですが、そうでない場合は、
医療保険でいざという場合に備えておく必要があります。
ぜひ健康な状態のうち、いざという場合に備えて、
貯蓄をじゅうぶんにしておくか、医療保険に加入すべきか
検討していただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク