個人年金の保険料の支払い方法、一括は可能?

スポンサードリンク

個人年金の保険料の支払い方法、一括は可能?

個人年金保険の保険商品には、
支払い方法を選択できるものもあり、
保険料を一括で全額支払ってしまうことができるものもあります。

 

保険料を一括で全額支払う方法には、
「一時払い」「全期前納」があります。

 

一時払いは、すべての保険料を一括で支払うもので、
全期前納は、一括で保険料を支払いますが、
保険会社が一旦預かるという形をとり、
保険料支払日に保険会社が保険料に充てていくというものです。

 

「一時払い」「全期前納」どちらの場合も契約者は
一括で保険料を支払うということに変わりはありませんが、
一時払いの場合、保険料を全期前納で支払う場合よりも
支払い総額を少なくすることができますが、
保険料控除という税金の控除を支払ったその年の一回のみしかできないことになり、
全期前納の場合、一時払いよりも支払い総額は多くなりますが、
保険料の支払いは毎年行いますので、
毎年保険料控除を受けることができます。

 

貯蓄に余裕があり、保険料を一括で支払うことができるという場合、
「一時払い」「全期前納」どちらの支払いの方がよいかは、
現在とこれからの収入の状況にもよりますので、
税理士などに相談して検討されることをおすすめします。

 

一括払いのリスクとしては、今後物価が上昇すると、
お金の価値が相対的に下がるという物価上昇リスク、
保険会社がもし倒産した場合、責任準備金の90%しか保護されないということ、
また、一括払いをしたあとに、急にお金が必要となり、
保険を解約せざるを得ないというときに、
解約返戻金を受け取ることができますが、
早期に解約をすると支払った保険料よりも戻ってくる解約返戻金の方が
少ないという場合が多いので、
手元に現金で置いておいた方がよかったということになりかねない
などというリスクもあります。

 

個人年金の保険料を一括で支払う場合、
数百万円や1,000万円以上のお金をまとめて
支払うことになりますが、そのようなリスクや今後の収入などを考えて、
慎重に検討していただければと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク