個人年金保険は何歳まで支給されるのか?一括受け取りは可能?

スポンサードリンク

個人年金保険は何歳まで支給されるのか?一括受け取りは可能?

個人年金保険の年金が何歳まで支給されるのかは、
加入している個人年金の保険商品のタイプによって異なります。

 

終身年金であれば、受給開始年齢になれば生きている間は
ずっと支給されますが、確定年金であれば5年間、10年間など
あらかじめ定められた年数が支給されます。

 

この期間中に被保険者が死亡した場合でも、
残りの期間も年金は支給されますので、
後継受取人の方が受け取ることができます。
また、確定年金の場合、今後支給される年金を
一括で受け取ることができる場合が一般的です。

 

有期年金の場合は、あらかじめ年数が定められ、
その期間中に被保険者が死亡すると支給は終了します。

 

保険料は、当然、受け取れる期間が長ければ長いほど高くなり、
終身年金が最も高くなります。
保険商品などにより、差はありますが、確定年金の場合であれば、
終身年金よりも保険料は数倍安く抑えられるのが一般的です。
ですから、一生年金が支給されるのはたしかに安心ではありますが、
高い保険料を収め続けて、その保障を手にするのか、
保険料を抑えつつ、自分でも貯蓄をしておき、
自分が必要と思う一定期間の年金を受取るべきか、
ご自身のライフプランに合わせてよく検討すべきです。

 

自営業か会社勤めなどの給与所得者かによっても異なりますし、
同じ自営業でも何歳までできるのかということや、
収入の多寡にもよっても、月々の保険料がどれぐらいの負担になり、
何歳の頃にいくらの年金が必要なのかということも異なります。
ですので、友人、知人の話を参考にするのもよいですが、
人それぞれ事情が異なることを頭に入れ、
本当にご自身にとって必要なものを選んでいただければと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク