個人年金保険の死亡給付金について

スポンサードリンク

個人年金保険の死亡給付金は必要か?

個人年金保険は、一定額あるいは一定期間保険料を支払うことによって、
年金を受け取れるという保険商品ですが、
死亡した場合に、給付金が支給される死亡給付金がついた保険商品もあります。

 

死亡給付金は、年金受取開始前の保険料払込期間中に死亡した場合に支払われ、
既払込保険料(死亡までに支払った保険料)がほぼ全額払い戻される
仕組みになっているのが一般的です。
契約時に保険料を一括で全額支払う一時払個人年金の場合、
死亡給付金が既払込保険料以上となることもあります。

 

年金受取開始後に死亡した場合は、
死亡給付金は支払われないのが一般的です。
終身年金、有期年金の場合は、年金の支給も
死亡とともにストップし、契約が終了します。
定期年金の場合は、死亡後もあらかじめ定められた期間、
年金が支給され、指定受取人が受け取ることができます。

 

ということで、個人年金保険における死亡給付金とは、
年金受け取り開始前に被保険者が死亡した場合に、
それまで支払った保険料がキャッシュバックされるというものですが、
死亡給付金が受け取れるプランの場合、それがない場合よりも
保険料は割増となりますので、正直おすすめはできません。

 

死亡時の保障を求めるのであれば、
他に生命保険などそれ専門の保険に加入することをおすすめします。

 

ひとつの保険にいろいろな特約を盛り込むと、
管理もラクでわかりやすい気もしますが、
実際、必要な保険に単体で複数加入した方が、
コストパフォーマンスがよい場合は多いです。

 

ご自身でひとつひとつ自分にふさわしい保険商品を探すのは
大変で、またその知識もなく不安という方は、
FP(ファイナンシャルプランナー)などのプロにアドバイスをもらって、
プランニングしてもらってもよいかもしれません。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク