50代、60代からの個人年金保険に加入するメリット、デメリット

スポンサードリンク

50代、60代からの個人年金保険に加入するメリット、デメリット

個人年金保険は、一定期間または一定額の保険料を納付し、
受け取り開始年齢になったら、確定年金であれば一定期間、
終身年金であれば生存している限り、年金を受け取れるという
保険商品で、30代あたりで加入し、老後のために少しずつ積み立てるものという
認識の方が多いと思いますが、
50代以上で加入される方も多くいます。

 

保険料の支払い方法は月払いや年払いのように分割で支払う方法と、
一括で支払う方法があります。
退職金などまとまったお金が入ったときに、
一気に保険料を支払って、老後の年金の準備をされる方も、
近年ますます多くなっています。
保険料は一括で支払う場合、月々支払うよりも支払い総額は
少なくてすみますので、まとめて支払ってしまうのもひとつの選択肢です。
50代以上の方ですと、公的年金でいくらもらえるのかだいたい見込額がわかりますので、
計画が立てやすく、運用期間も短いのでインフレリスクを回避しやすいというメリットがあります。

 

リスクもありますが、変額年金や外貨建て年金といった保険商品ですと、
保険料を抑えて、多くの年金を受け取れる可能性もあります。

 

50代、60代で一括払いで個人年金保険に加入することで、
老後の生活の準備ができるますが、デメリット、リスクとしては、
一括でまとまったお金を支出してしまったあと、
急にお金が必要になる事態が起こった際に、
個人年金を解約して返戻金を受け取ることもできますが、
支払った額よりも少なくなるのが一般的です。
ですから、老後のためとはいえ、あまりにギリギリで保険料を支払ってしまうと、
危険な場合もあります。
もし、貯蓄に余裕がないのであれば、貯蓄として、
自分の手元においておき、分割で保険料を支払うか、
あるいは個人年金の加入を見送るかという判断も必要かもしれません。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク