20代、30代から個人年金を始めておくべきか

スポンサードリンク

20代、30代から個人年金を始めておくべきか

若いうちに個人年金に加入するメリット

個人年金保険は、保険料を支払い、受取開始年齢に達すると
年金を受取ることができる保険商品です。
20代、30代の若いうちから加入するメリットとしては、
保険料の支払いは、「保険料建て」と「年金建て」がありますが、
受取る年金額が同じ年金建ての場合は月々の保険料額を安くなり、
同じ保険料の保険料建ての場合は、受け取れる年金の額が多くなります。

 

当然、毎月の保険料の支払いの支出が増えるというデメリットもありますが、
若いうちお金は自発的に貯金をしようとしても、ついつい余裕があれば使ってしまい
なかなか貯まりにくいという方も多いと思いますが、
保険料の支払いをした後に残りのお金でやりくりすることで
コンスタントに将来の貯蓄ができていくことになります。
自分に甘い方にとっては、個人年金保険で老後のお金を確保しておいてもよいかもしれません。
自分で貯蓄できる方でも、銀行の預金で貯めていっても
利息はほとんど期待できませんので、その他の資産運用を検討しているのでなければ、
個人年金保険で保険料として支払っておいた方が、
コストパフォーマンスが高いです。

 

保険料を一括で支払う「一時払い」という方法もある

20代、30代の若い世代で個人年金保険を購入する場合は、
保険料は月払いでするのが一般的だと思いますが、
もし、まとまったお金がある場合は、保険料をまとめて一括で支払ってしまう
という方法もあります。
一時払いで支払ってしまえば、積立利率(戻り率)が高く、
通常は契約後2〜3年で解約返戻金が元本を上回りますので、
まとまったお金が必要となった場合はこれを解約しても損はしません。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク