有期年金、終身年金、確定年金のメリット、デメリット

スポンサードリンク

有期年金、終身年金、確定年金のメリット、デメリット

個人年金保険は、受取期間によって有期年金、終身年金、確定年金の三つのタイプに分けられます。
今回はそれぞれの特徴、メリット、デメリットについて説明します。

 

有期年金の特徴、メリット、デメリット

有期年金は被保険者が生きている場合に受け取ることができる年金です。
年金受取期間は、10年、15年、20年などが一般的です。
受取期間中に被保険者が死亡した場合は、
年金はストップし、遺族の方が受け取るということはできません。
そのぶん支払う保険料が割安になっているのがメリットとなっています。
ただ、保険料は高くなりますが、受取期間に死亡した場合でも、
一定期間の受け取り保証がある保証期間付有期年金という保険商品もあり、
死亡時のリスクを考えるとこの保証付きのものがよいかもしれません。

 

終身年金の特徴、メリット、デメリット

終身年金は、被保険者が生きている限り年金を受け取る事ができるというものです。
有期年金よりも保険料は高くなりますが、
長生きすればするほど、支払った保険料に対してお得になりますが、
平均寿命を元に算定された保険料となっていますので、
平均寿命よりも若くなくなった場合は費用対効果で考えると損することにはなります。
とはいえ、生きている限り年金を受け取れるという安心感がありますので、
多少高い保険料を払っても、老後に継続的に収入があると、
精神的にもゆとりが出るというメリットもあるでしょう。
終身年金の場合も有期年金と同じく、5年・10年・15年など
一定期間の保証期間が付いたタイプが多いので、
遺族のことを考えた場合、この保証期間付きのものを選ぶとよいでしょう。
ただし、次に紹介する確定年金の2、3倍の保険料となりますので、
保険料を支払う期間の収入状況、貯蓄状況など総合的に考える必要があるでしょう。

 

確定年金の特徴、メリット、デメリット

確定年金は、被保険者の生死にかかわらず、
5年、10年、15年など一定期間年金を受け取れるというものです。
被保険者が死亡した場合も受け取れ、
もらえる期間があらかじめ決まっているので、
計画が立てやすく、保険料が終身年金よりも安い(半分以下)というメリットがあります。
一定期間のみ受け取れるものですので、
終身年金のように一生涯保障の安心感はありませんが、
公的年金や貯蓄などを考慮し、年金を納める時期の収入状況などを考慮し、
ふさわしいものを判断していただければと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク