借地権の更新料、名義変更料の相場について

スポンサードリンク

借地権の更新料、名義変更料の相場について

借地権とは、建物所有を目的とした賃借権または地上権のことを
いいますが、多くの場合は賃貸借契約による賃借権で、
賃貸借契約の期間満了によって更新する際に、
更新料が発生する場合があります。

 

また、賃借権を譲渡した場合は、名義変更料というものが
必要になる場合があります。

 

借地権の更新料、名義変更料

更新料、名義変更料について法律の取り決めはなく、
必ずしも払わなければならないものではありませんが、
当初の契約において、更新料支払いの取り決めがある場合は、
支払わなければならないものと考えられています。

 

また、契約書で更新料についての取り決めがなかった場合でも、
地主と借り主の当事者間で更新料の支払いについての合意があり、
過去に支払いがされた実績があれば、
その後の更新料を支払わなかったことにを理由に
賃貸借契約の解除を認めた判例もあります。 

 

なお、借地権を相続した場合に、
地主から更新料を請求される場合があるようですが
この場合、更新料を支払う義務はありません。

 

また、名義変更料を請求する場合もあるようですが、
相続の場合、相続人は当然に借り主の地位を承継しますので、
地主の承諾や賃貸借契約書の書き換えなどは不要ですので、
承諾料や、名義変更料といったものを支払う必要はありません。
(借地上の建物の登記の所有者が借り主名義があれば、
借り主は借地権を第三者に対抗することができます。)

 

借地権の更新料、名義変更料の額の相場

更新料、名義変更料の額の相場は、
借地権価格の5%〜10%ぐらいが目安となっているようですが、
地域や地価など周辺の状況などによっても左右され、
首都圏ではこれよりも高くなる傾向があるようです。

 

なお、更新料、名義変更料を受け取った側(地主)は、
不動産所得となり、所得税が課税されることになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク