借地権を相続した際の名義変更について

スポンサードリンク

借地権を相続した際の名義変更について

借地権とは、建物所有を目的とした
土地の賃借権か地上権のことをいいます。

 

自己所有の建物を、
他人から借りた土地の上に建てているという状態ということです。

 

賃借権の場合が多いと思いますが、
その場合は、地主と賃貸借契約を
締結しているという状態です。

 

建物については自己名義で登記され、
土地については地主が所有権者として登記され、
賃借権は登記されない(しない)のが普通です。

 

ですから、登記簿上、土地に建物所有者の名前は出てこないことになりますが、
借地上の建物に登記がされている場合、
借地権について対抗力を持つということになります。

 

つまり、他人の土地の上の建物に自分の登記があれば、
借地権(土地の賃借権)を第三者にも対抗できるということになります。

 

借地権を相続した場合、名義変更料や手数料は必要?

借り主が死亡した場合、相続人が借地権を相続することになりますが、
この場合、建物については所有権移転の相続登記を行いますが、
土地についてははじめから登記がされていませんので、
土地の登記についてすることは何もありません。

 

また、地主との間で交わされた賃貸借契約について、
死亡した被相続人から、相続人に名義変更についても、
地主に対して相続の旨を通知するだけで足り、
改めて契約書を作成する必要もありません。
(実際は、契約更新の際に、相続人名義の賃貸借契約書を
新たに作成する場合が多いようですが、この契約書がなくても、
地主に対しては借り主の地位を主張できますし、
建物に自己名義の登記があれば、
第三者に対してもその旨主張できます。)

 

ですから、借地権を相続した際に、賃貸借契約書の名義変更を行う必要はなく、
また、地主から賃貸借契約書の名義変更料や手数料などを請求されても借り主は支払う義務はありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク