建物買取請求権の要件、価格について

スポンサードリンク

建物買取請求権の要件、価格について

建物買取請求権とは

「建物買取請求権」とは、借地契約の存続期間が満了し、
契約更新がされない場合に、借地上に建築した建物、
その他土地に付属させた物を、
地主に対して、時価で買い取るよう
求めることができる権利のことをいいます。

 

建物買取請求権を行使すると、売買契約を強制的に成立し、
地主は、買取を拒否することはできません。

 

借地人の賃料不払いなどの債務不履行により
契約が解除された場合や、
借地契約の合意解除による借地権の消滅の場合は、
建物買取請求権を行使することはできません。

 

建物買取請求権を行使する場合は、
口頭でもその効力が生じますが、
後々の紛争を避けるため、書面、できれば内容証明郵便で、
その旨を送達した方がよいでしょう。

 

買い取り価格の「時価」とは?

買い取り価格は「時価」ということですが、借地権付建物としての評価額から
借地権価値を引いた額と考えていただくとよいかと思います。
(借地人がこの建物を賃貸し、借家人がいる場合、
借家人は地主に対して借家権を対抗できますので、
地主にはその借家権の負担があるので、
建物の評価額からこの借家権の負担ぶんも
差し引いて算定することになります。)
この額を基準に地主と借地人で話し合い、
合意に至った金額とすることができます。

 

合意に至らない場合は、
裁判で鑑定などを経て決められることになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク