大家が勝手に鍵を開けたり、交換したりすることはできるか?

スポンサードリンク

大家が勝手に鍵を開けたり、交換したりすることはできるか?

「自力救済」は違法行為

借家人が家賃を滞納し、賃貸契約が解除された場合でも、
その明け渡しは借家人の任意によるか、裁判所による強制執行など
法的手段によるべきもので、私人による実力行為は
「自力救済」といい、原則として違法行為となります。

 

ですから、大家が勝手に鍵を開けて借家人の物を処分したり、
鍵を交換して強制的に明け渡しを実現するような行為は、
「自力救済」にあたり、違法行為となり、慰謝料や
これによって生じた損害(外泊代金など)を賠償することができます。
(なお、このような鍵を開けて部屋に入るような自力救済行為が、
緊急性、必要性が認められる場合には適法と判断される場合も
あります。大家として、
強制的に部屋に入らなければならないような場合は、
弁護士等法律の専門家のご相談ください。)

 

これによって借家人が損害賠償請求権を取得した場合、
大家は借家人が家賃を滞納しているからといって、
相殺を主張することはできません。
現実に支払いをする必要があります。

 

それとは別に滞納家賃を請求しなければなりません。

 

ただ、借家人の側からは損害賠償請求権と滞納家賃の相殺を
主張することができます

スポンサードリンク
スポンサードリンク