賃貸物件の修繕義務は貸主、借主どちらにあるのか?

スポンサードリンク

賃貸物件の修繕義務は貸主、借主どちらにあるのか?

賃貸人(大家)には、貸しているものを
使用できるようにする義務があります。
ですから、賃貸物件の天井、窓などが壊れた場合など、
不具合が生じた場合は、
原則として大家に修繕義務があります。

 

借主は大家に修繕をするよう請求することができますし、
借主が修繕費を支出した場合は、
大家にその償還を請求することができます。
大家が修繕費の支払いに応じない場合は、家賃と相殺し、
修繕費の額に達するまで家賃の支払いをしないということができます。

 

借主が故意又は不注意で、賃貸物件を損傷し、
修繕を要する状態にしてしまった場合には、
借主に修繕義務がありますので、
大家に修繕を求めることはできませんし、
支出した修繕費を請求することはできません。

 

特約により、通常使用による
軽微な修繕に関しては賃借人の負担とすることができますが、
構造に関わるようなものなど、大きな修繕について
賃借人の負担とすることはできません。

 

必要費と有益費

修繕費など賃貸物の使用および必要な費用を
「必要費」といいますが、
賃貸物を改良し、価値を増加させるようなものを
「有益費」といいます。

 

 

借主が有益費を支出した場合は、
賃貸借契約が終了した時点で
価値増加が現存している範囲で請求することができます。

 

大家は借主の支出額と価値増加現存価格の
低い方を支払えばよいとされています。

 

どのぐらいの価値が現存しているかの算定は個別で判断が
必要ですので、弁護士など法律の専門家にご相談ください。

 

不動産売買、借地借家、賃貸借の法律解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク