賃貸契約の保証人の責任はいつまで続くのか?

スポンサードリンク

賃貸契約の保証人の責任はいつまで続くのか?

賃貸借契約を締結する際は、賃貸人(大家)としては家賃を支払いが
滞ることは絶対に避けたいため、多くの場合、
連帯保証人をつけることを要求するのが一般的です。

 

連帯保証人の責任を簡単に言うと、
借主とまったく同じ責任と考えて構いません。

 

法律的な権利でいえば大家としては、賃借人が家賃を滞ったら、
賃借人に対して家賃の支払いを催促せずに、
いきなり連帯保証人に請求しても構いません。

 

連帯保証人には「借主に
先に催促してくれ」と主張することはできません。

 

このように連帯保証人の責任は、なかなか酷なものですが、
その期間についても一般的な感覚とは
少しずれた酷なものとなっています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

賃貸借契約の連帯保証人の期間に注意

賃貸借契約の多くは、2年間の契約で、
2年ごとの更新という場合が多いですが、
連帯保証人を引き受ける方は最初の2年だけを
保証するものと思っている方が多いのですが、
契約更新した場合、連帯保証人は
更新後の賃借人の債務についても
保証人の責任が継続することになります。
(更新後の賃料債務については保証しないという、
期間を限定する特約を設定することは可能です。)

 

契約更新時に仮に
他の連帯保証人が保証する契約があったとしても、
当然に前連帯保証人が連帯保証人から外れることにはならず、
新たな連帯保証人とともに、
賃借人の賃料債務を保証することになります。

 

ですから、連帯保証人としては、最初の2年が経過し、
自分の責任は終了したものだと思い、
数年後忘れた頃に、家賃を請求されるということがあります。

 

ただし、例外的に更新後の保証人の責任が
否定されるような場合もあります。
このように、連帯保証人は契約が更新されるたびに
その保証の責任が継続しますので、連帯保証人の責任について
不明な点やお困りのことは弁護士など
法律の専門家にご相談されることを
おすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク