抵当権付きの物件を賃貸マンションの立退きを要求された場合

スポンサードリンク

抵当権付きの賃貸マンションの立退きを要求された場合

抵当権など担保付きの賃貸物件

アパート、マンションなどを借りる際に、その物件に
抵当権などの担保権がすでについている場合があります。

 

その物件の所有者(大家さん)が
その建物を担保に借り入れをしている
ということですが、その大家さんが
その債務について返済が滞った際に、
抵当権者(債権者)が抵当権を実行すると、
その建物は競売にかけられることになります。

 

 

その競売により建物を購入した者が新たな所有者となるわけですが、
もし、新所有者がアパートを借りている賃借人に対して、
立退きを要求した場合、それを受け入れなければならないことになります。
 
 
(買受けの時から6カ月は、
賃借物の明け渡しを猶予すると定められていますので
6ヶ月以内に出ていかなければならなくなります。)

 

 

抵当権付きの物件を賃貸は心配?

これを聞くと、抵当権付きの物件を
賃貸することに抵抗を感じてしまうかもしれませんが、
実際、抵当権のついていない物件の方が珍しいぐらいで、
まっさらな物件だけを探すのはかなり大変です。

 

(抵当権がついていないという事は、
借り入れなしで不動産を購入するか
ローンを完済しているかのどちらかですが、
借り入れなしで不動産を購入できる人がどれぐらいいるかと考えた時、
抵当権付き不動産の方が多いのも納得いただけるのではないでしょうか?)

 

 

競売で購入した新所有者も、
賃貸用を想定して購入する場合が多く、
わざわざ今住んでいる人を追い出して、
新入居者を探すのは手間ですので、
むしろ賃借人がいる状態を歓迎し、賃借人としては、
「大家さんが変わった」ぐらいの感覚で済むことが多くあります。

 

ただ新所有者がその建物を取壊し、
別の建築物を建てる計画であったり、
事業用に使用したいなど別の目的の場合、
立退きを要求されたら
受け入れざるを得ないので注意しましょう。

 

アパート、マンションを賃貸する際に抵当権などの担保権がついている場合は、
不動産業者から重要事項説明の際に説明されますが、
珍しいことではないので、不必要に敬遠せず、ただ、
そのような場合はしょうがないと認識して
契約をしていただければと思います。

 

不動産売買、借地借家、賃貸借の法律解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク