新建材によるアレルギー、病気が発症した場合(シックハウス症候群)の大家の責任

スポンサードリンク

新建材によるアレルギー、病気が発症した場合(シックハウス症候群)の大家の責任

マンション、アパートなど建物の賃貸借契約は、
大家(貸主)は、借主に対して、
「物件を使用収益させる義務」を負い、
通常の使用収益に適する状態を提供する義務を負います。
この義務には、健康、衛生上も問題のない環境を整備する義務も
含まれます。

 

シックハウス症候群の問題

新建材を使用し、ホルムアルデヒド、VOCが原因で借主が
化学物質過敏症、視覚機能障害、喘息、アトピー、アレルギーなど
といった病気(いわゆるシックハウス症候群)を発症した場合、
大家はその責任を取る必要があるのかという問題があります。

 

シックハウス症候群の大家の責任

大家が安全、衛生に配慮する義務を怠り、
居住に適さない状態を放置していたような場合は、、
その責任を負うことになるということになりますが、
標準的な新建材を使用している場合であれば、
大家がその責任を問われるケースは極めて少なく、
実際には、新建材から有害物質が発散しているという状態だけで、
大家が借主に対して損害賠償責任を負う場合は、
限りなく少ないです。

 

新建材を一切使用しないというのは現実的ではなく、
シックハウス症候群の発症の可能性を予見し、
その策を予め講じて完全に防ぐことは、
限りなく不可能に近いほど著しく困難ですので
借主にそこまでの責任を要求するのはあまりにも酷だからです。

 

このように、たしかにシックハウス症候群の
被害を受けた借主も気の毒ではありますが、
その責任を大家がすべて負うというのも酷な話ということです。

 

大家としてはこうしたトラブルを未然に防止するために、
換気設備を整備し、化学物質を発散させる
ベークアウトを施すなどの措置を講じ、
環境を整えて、あらかじめこのような事態にならないよう
最善を尽くしておくべきかと思います。

 

 

不動産売買、借地借家、賃貸借の法律解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク