購入した土地の面積が登記簿と異なる場合

スポンサードリンク

購入した土地の面積が登記簿と異なる場合

不動産を購入する際は、登記所(法務局)で、
登記簿を閲覧(登記事項証明書を取得)し、確認してから
契約にのぞむのは当然ですが、この登記簿の記載が
必ずしも正しくない場合があります。

 

登記簿に記載されている面積や、登記所(法務局)で見ることのできる公図の
面積、数値、形などが、実際のものと異なることは、結構よくあります。

 

ですから、購入前に実際に測量を行って確認したり、
隣人と境界線について確認をしておくべきです。

 

知らずに購入してしまった場合、
民法の原則で考えると、面積を基礎とし、
その数量で売買代金が設定されている場合は、
実際に面積が少ない場合は、その代金の減額や、
損害賠償、あるいは契約の解除といったことができる場合があります。

 

しかし、実際の取引では、
登記簿の面積と実際の面積が異なる場合でも、
代金は減額しないという条項が盛り込まれていることが普通で、
この条項があるかぎり、代金の減額等の請求をすることはできません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

逆に、登記簿の面積と、実際の面積が異なる場合は、
その差額を精算するという条項がある場合は、
後日に相違を発見した場合でも
減額を請求することができるということになります。

 

また、売主が登記簿と実測値を知りながら、
故意に告げなかったような場合は、
消費者契約法の適用により、契約の取り消しができる場合もあります。

 

実測値と登記簿の数値がわずかな場合は、
難しいかもしれませんが、著しく異なる場合は、
たとえ契約の条項に減額を
不可能とするものが盛り込まれていたとしても、
打つ手があるかもしれませんので、
まずは弁護士など法律の専門家にご相談されることをおすすめします。

 

法務省HP 法務局・地方法務局所在地一覧
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji10.html

スポンサードリンク
スポンサードリンク