抵当権など担保付きの不動産を購入する際の注意点

スポンサードリンク

抵当権など担保付きの不動産を購入する際の注意点

抵当権とは

抵当権とは、簡単に言うと「借金のカタ」です。
不動産を購入する際に、
その不動産を担保に購入資金を融資を受けて、
もし返済が滞った場合には、
その不動産を売却して借金の返済に充てるというものです。

 

抵当権などの担保権は登記簿の乙区の欄に記載され、
借金が完済した際に、
債権者とともに抵当権の抹消登記の申請をすることで、
乙区の抵当権の登記が抹消されます。

 

抵当権など担保付きのまま不動産を売買することも可能

借金の返済が終わっていない場合や、
返済が終わっても抹消登記をしていなければ、
登記簿の乙区に抵当権がついたままということになりますが、
このような担保権のついた不動産を売買することもできます。

 

担保権付きの不動産のリスク

担保権付きの不動産を購入した所有者は、
借金を背負うわけではありませんが、(債務者は前所有者のまま)
前所有者が返済を滞った場合、その不動産を売却される
というリスクを背負うことになります。

 

一般的には担保権付の不動産はそのままでは
まず売り物にならないか相当な値崩れをすることになりますが、
今回の売買代金で借金を返済し、抵当権を抹消して
まっさらな不動産を引き渡すという場合もあります。

 

その場合、購入者の所有権移転と抵当権の抹消登記を同時に
行うということになります。
まっとうな宅地建物取引業者の仲介で不動産購入をするのであれば、
仲介業者が事前に抵当権の存在とその内容や
債権者(担保権者)の金融機関に事前に確認しますので、
まっとうな不動産売買を期待することもできますが、
「抵当権などの担保権の抹消ができなければ
白紙解除とする」という旨の特約を
契約書に盛り込み、万全を期して望むのがよいかと思います。

 

担保権付不動産を購入する際に、不自然な低価格であったり、
不動産会社や売主に少しでも疑わしい点がある場合は、
事前に調査を徹底し、弁護士など法律の専門家に相談し、
取引に望んだ方がよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク