遺留分を放棄する家庭裁判所の許可の手続きについて

スポンサードリンク

遺留分を放棄する家庭裁判所の許可の手続きについて

遺留分とは

遺留分とは、簡単にいうと、相続人が最低限相続できる権利のことをいいます。
これにより、遺言書に特定の者だけに全財産を相続させる旨が書かれていても、
全く分け前のない相続人も「自分にも少しわけてくれ」ということができるというものです。

 

この遺留分は、被相続人の配偶者、子、
親が相続人になる場合は、親に認められるもので、
被相続人の兄弟姉妹が相続人となる場合も、遺留分は認められません。

 

遺留分の放棄

遺留分を有する者は、相続の開始前(被相続人の生存中)に、
家庭裁判所の許可を得て,あらかじめ遺留分を放棄することができます。
(なお、被相続人の生存中に、あらかじめ「相続放棄」をすることはできませんので
ご注意ください。)
申し立てを受けた家庭裁判所は、遺留分の放棄が相当かどうかを判断し、
許可の審判あるいは却下の審判をします。

 

家庭裁判所は遺留分の放棄について、
主に次の点を判断します。

 

・遺留分権利者が遺留分放棄の意味を理解し、真意によるものか

 

・放棄をする理由が合理的、必要的なものかどうか

 

・放棄と引き換えに何らかの代償があるのか
(すでに遺留分に相当する財産を受けているなど)

 

遺留分の放棄は慎重に決断すべき

遺留分放棄は民法の規定により
保障された最低限の権利を放棄する重大なものです。

 

一度放棄したら、放棄を撤回し、
やっぱり遺留分がほしいということも難しくなります。
他の相続人や、被相続人にその旨をお願いされたとしても、
家庭裁判所や法律の専門家に相談し、その意味をよく理解してから
決断されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク