遺言書を検認せずに開封してしまった場合

スポンサードリンク

遺言書を検認せずに開封してしまった場合

遺言書を発見したらすべきこと、してはいけないこと

遺言書を発見した場合、
いきなり開封してはいけません。
開封せずに家庭裁判所に持っていき、
検認という手続きを経る必要があります。
(公正証書遺言という方式で遺言が作成された場合は、
公証役場に遺言が保管されており、
家庭裁判所の検認を経る必要はありません)

 

 

遺言書の検認とは

検認とは、遺言書を確認調査し、記録するものです。
用紙のサイズ、紙質、枚数、使用された筆記用具、
内容、日付、署名、印影などを調査し、調書に記録されます。

 

 

もし、遺言書が法律の定める要件を満たしていない場合、
遺言書は無効とされます。
検認を受けても無効な遺言が
有効なものとなるわけではありません。

 

遺言書は無効であったという事実が確認されるだけです。

 

遺言書を検認せずに開封してしまったら

自筆証書遺言を家庭裁判所の検認を経ずに開封してしまった場合、
5万円以下の過料に処せられることがありますが、
遺言の効力な無くなるわけではありません。

 

 

遺言書を発見した場合、あるいは、誤って開封してしまった場合、
家庭裁判所や弁護士などにご相談されることをおすすめします。

 

遺言書は法律の定める要件を満たしていないと無効になってしまうものですので、
一般の方が書いた遺言書が無効ということも少なくありません。
遺言書を作成する際は、その書き方ももちろんですが、
自分の望む内容が法的に実現可能かどうかも踏まえて、
弁護士など法律の専門家に相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク